メンタルクリニック

精神疾患が疑われるとき、心療内科や精神科と書いてある病院の門はくぐりにくい、世間体が悪いという一般感情を考慮して「メンタルクリニック」と名付ける病院が多いようです。

心療内科や精神科はメンタルいわゆる人間の精神を専門的に診察する診療科で、近年のストレス過剰な社会で「メンタルヘルス」(精神の健康もしくは精神保健)を健全に保つために必要とされます。

メンタルクリニックでは、薬物治療のほか、心理療法といわれるメンタルケアが行われることもあります。

具体的には、メンタルケアを行う心理療法士、心理療法家、精神療法家、サイコセラピストなどが患者と会話をしたり、訓練をすることで、患者自身に自分の病状や行動を認知させていくようにします。

そのなかで精神疾患や心身症の治療をし、心の持ち方をアドバイスするなどして心の健康の回復・保持します。

欧米では心理カウンセリングやメンタルケアは日常的なもので、ストレスがたまったり、離婚など大きなイベントがあったときにも気軽に訪れて深刻な事態になるのを防ぎます。

日本では学校や企業などの相談室で導入されています。


うつ病チェックTOPに戻る

うつ病の治療
うつ病の治り方と再発
心療内科
メンタルクリニック
メンタルケア
うつ病のカウンセリング
心理カウンセリング
うつ病の薬
医師は万能?

カテゴリ
うつ病の基本知識
うつ病の治療
うつ病と関連する疾患

うつ病チェックTOPに戻る
株式会社プラスアール
携帯アクセス解析