心療内科

うつ病になったら本来は精神科を訪れるのですが、うつ病では不眠をはじめとして倦怠感、食欲がない、疲れやすい、集中力・持続力が続かない、イライラするなどの身体症状が強く出ることが多くあり、これを「仮面うつ病」とよびます。

内科で検査してもらったのに、どこにも異常が認められなかったら、仮面うつ病が考えられます。

まずは心療内科を受診する場合が多いようです。

“ストレス性のうつ状態”に陥ったり、睡眠障害を伴う場合は、ストレスとうまくつきあっていくために、対処方法を身につけることが大切になります。

そのため、医師やカウンセラーによるカウンセリングやアドバイスを受けると回復が早くなります。

また、ストレスが原因で日常生活に支障をきたしている際は、抗不安薬や抗うつ薬が、睡眠障害がある場合には、睡眠薬や抗不安薬が処方されます。

心療内科は内科から派生した診療科でしが、精神科でも標榜していることが多く、医師も精神科の専門医が診療しているケースがほとんどなので、安心して訪れてください。


うつ病チェックTOPに戻る

うつ病の治療
うつ病の治り方と再発
心療内科
メンタルクリニック
メンタルケア
うつ病のカウンセリング
心理カウンセリング
うつ病の薬
医師は万能?

カテゴリ
うつ病の基本知識
うつ病の治療
うつ病と関連する疾患

うつ病チェックTOPに戻る
株式会社プラスアール
携帯アクセス解析