うつ病の体への影響

うつ病の症状というと、こころの症状のみと思われがちですが、体にも症状は出ます。

頭痛、めまい、息切れ、眠れない、食欲がない、疲れやすい、胃がもたれる、肩がこるなどなど、たくさんの体の症状が有ります。

うつ病になって初めのうちは、こころよりも体の方が「なんか変だな」とか「調子悪いなぁ」という状態が続きます。

体調がすごく悪いとか、病気のような症状ではなく、少し無理をすれば仕事にも学校にも行けるくらい軽い症状の場合が多いので、うつ病だとは気付かない人がほとんどのようです。

うつ病だとは思わずに体のどこかが悪いのかなって思い、内科に行く人が多いようですが、内科で“異常なし”や“原因不明”と診断されることもあり、逆に不安になるかたも多いようです。

病気ほどじゃない、体のだるさや調子の悪さを感じたら、うつ病かもと少しは疑ってみても良いかもしれません。


うつ病チェックTOPに戻る

うつ病の基本知識
うつ病の基本
うつ病は心の風邪?
うつ病の基本的な症状
どんな人がうつ病になりやすいの?
うつ病には脳が関係している!?
うつ病の体への影響

カテゴリ
うつ病の基本知識
うつ病の治療
うつ病と関連する疾患

うつ病チェックTOPに戻る
株式会社プラスアール
携帯アクセス解析