過呼吸

過呼吸に代表される過換気症候群は、若い女性に多い疾患です。

突然、またはだんだんに呼吸が苦しくなり、「このまま死ぬのではないか」と不安がつのり、手足がしびれたような感覚に襲われます。

胸苦しさや死の恐怖などから指や体が痙攣したようになります。

同時に激しい過呼吸と無呼吸を交互にくり返す状態になったりします。

発作は数十分くらい続きますが、命に関わることも後遺症が残ることもありません。

パニック障害などの患者に多くみられる症状ですが、運動直後や過度のストレスや不安、緊張が引きがねになる場合もあります。

急に始まった大きな呼吸によって、血液中の二酸化炭素が肺から排出されすぎて少なくなった状態が過換気で、ゆっくり呼吸をするように自分でコントロールしたり、紙袋に吐いた息をまた吸い、血中の二酸化炭素量を増やす「ペーパーバック法」などもとられます。

過呼吸症状は、うつ病やパニック障害、強迫神経症などに伴って起こる場合があります。

まずは原因となる疾患を治していくことが優先されます。


うつ病チェックTOPに戻る

うつ病と関連する疾患
不眠症とうつ病
うつ病と不安
うつ病とアトピー
更年期障害とうつ
糖尿病とうつ病
うつ病と依存症の関係
パニック障害とうつ病の関係
睡眠障害
社会不安障害と併発するうつ病
過呼吸

カテゴリ
うつ病の基本知識
うつ病の治療
うつ病と関連する疾患

うつ病チェックTOPに戻る
株式会社プラスアール
携帯アクセス解析