うつ病とアトピー

ストレスが要因とも言われているアトピーは、ストレスや不安感によって悪化してしまう傾向があります。

ストレスを感じると痒みを促進するという見方もあるのですが、逆にアトピーがうつ病を発症させることもあるようです。

アトピーはいつ治るのかわからない病気なので、皮膚の状態を気にして引きこもりがちになったり、かゆくて眠れなかったりなどなどのストレスが心の負担になって、うつ病を併発してしまうことがあるようです。

アトピーを改善するには、肌を清潔に保ったり、こまめな保湿が重要ですが、うつ病を併発して放置しておくと、うつ病の治療への意欲もなくなってしまいがちになります。

その結果、アトピーもうつ病も悪化してしまうという問題があります。

少しでも心の変化を感じたら、お医者さんに相談してみるとよいでしょう。


うつ病チェックTOPに戻る

うつ病と関連する疾患
不眠症とうつ病
うつ病と不安
うつ病とアトピー
更年期障害とうつ
糖尿病とうつ病
うつ病と依存症の関係
パニック障害とうつ病の関係
睡眠障害
社会不安障害と併発するうつ病
過呼吸

カテゴリ
うつ病の基本知識
うつ病の治療
うつ病と関連する疾患

うつ病チェックTOPに戻る
株式会社プラスアール
携帯アクセス解析