不眠症とうつ病

"うつ病の主症状の1つに不眠があげられます。

うつ病患者の大半が不眠を訴えます。

うつ病に多い睡眠パターンとして、寝付きは普通なのですが、朝の3時や4時に目が覚めてしまい、それから全く寝られないというものが多いようです。

通常の不眠では「今日も眠れないのではないか」「眠れなかったらどうしよう」という予期不安やストレスなどから眠れなくなるケースが多いのですが、うつ病などから来る不眠症の場合は、予期不安ではなく、「不眠症になったのは自分のせいだ」「眠ることもできない自分はダメだ」とくよくよと悩むことことになります。

そのため、睡眠薬などの薬を飲むことで治療をすすめることが多いのです。

逆に、不眠がうつ病のサインである場合が少なくありません。

ストレス状態が長期間続くことにより不眠症が生じ、それが原因でうつ病を発症してしまうのです。

どちらが先か、後かの違いだけで双方の疾患は強く結びついています。

不眠症とうつ病の深い関係を知っておきましょう。

"
うつ病チェックTOPに戻る

うつ病と関連する疾患
不眠症とうつ病
うつ病と不安
うつ病とアトピー
更年期障害とうつ
糖尿病とうつ病
うつ病と依存症の関係
パニック障害とうつ病の関係
睡眠障害
社会不安障害と併発するうつ病
過呼吸

カテゴリ
うつ病の基本知識
うつ病の治療
うつ病と関連する疾患

うつ病チェックTOPに戻る
株式会社プラスアール
携帯アクセス解析