うつ病の薬

うつ病では抗うつ剤の効果が高いと実証されています。

大きく類別すると、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、トリアゾロピリジン系、SSRI、SNRIがあります。

三環系抗うつ薬は長く使われている薬で口の渇きや便秘などの副作用が気になります。

四環系抗うつ薬、トリアゾロピリジン系は三環系抗うつ薬に比べて作用がやや弱めですが、副作用が軽減されています。

最近開発されたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)は、神経細胞内で作られ、神経伝達物質として放出されると同時に、神経細胞に再度取り込むという性質のあるセロトニンの、放出と取り込みのバランスを整える作用があります。

うつ病やパニック障害などで脳内のセロトニンが低下してくると、気分が落ち込み、何も考えられなくなるなど様々な症状を引き起こします。

SSRIがセロトニンだけに効果を発揮するのに対してSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)はセロトニンとノルアドレナリン両方に作用します。

ノルアドレナリンは、やる気や気力、積極に大きく関わる物質です。

ノルアドレナリンが減少すると、気力や行動力がなくなってしまいます。

また、不安や焦燥感が強い時は抗不安薬を、不眠が強い場合は睡眠導入剤を併用することも多いようです。


うつ病チェックTOPに戻る

うつ病の治療
うつ病の治り方と再発
心療内科
メンタルクリニック
メンタルケア
うつ病のカウンセリング
心理カウンセリング
うつ病の薬
医師は万能?

カテゴリ
うつ病の基本知識
うつ病の治療
うつ病と関連する疾患

うつ病チェックTOPに戻る
株式会社プラスアール
携帯アクセス解析