心理カウンセリング

厳密に心理カウンセリングとは臨床心理学を用いて精神心理的な相談援助を行うことを目的としています。

患者の相談に乗ったり悩みを聞き出し、何が問題なのかどうしてつらいのかなどを会話の中で引き出していきます。

カウンセラーは解決策を提示することはせず、患者が自ら見つけていくように導きます。

例えばうつ病なら、患者の性格と患者を取り巻く現状を分析し、なぜうつ病を発症したのかを患者と一緒に整理します。

うつ病を発症したのは、患者本人が悪いのではなく自分を守るための防衛手段だったなど分析し、うつ病になっても得たもの、失わなかったものなどに目を向けさせます。

このように、患者が自分を責めたり悪い面ばかりを見る癖をやめさせ、明るい方を見るようにアシストしていきます。

薬の効果もあり、少しずつ改善が見られると同時にカウンセラーと信頼関係が強くなります。

そうすると治療がもっと進むので、どんどん快方に向かっていくことが多いようです。


うつ病チェックTOPに戻る

うつ病の治療
うつ病の治り方と再発
心療内科
メンタルクリニック
メンタルケア
うつ病のカウンセリング
心理カウンセリング
うつ病の薬
医師は万能?

カテゴリ
うつ病の基本知識
うつ病の治療
うつ病と関連する疾患

うつ病チェックTOPに戻る
株式会社プラスアール
携帯アクセス解析