メンタルケア

うつ病の治療でよく使用されているメンタルケアで、有効性が確認されているものに、認知療法と対人関係療法があります。

「認知療法」は、うつ病の人の精神状態が「現実よりも物事を悲観してとらえると」いうことを本人に「認知」させ、悲観的すぎる考え方を現実的なものに修正し、問題に正確に向き合い解決を手助けする方法です。

うつ病の場合、何を見ても聞いても「自分が悪いからだ」「何をやってもみんなに迷惑をかける」「こんな自分は生きていても仕方がない」など自分自身や周囲との関係、将来に対して極端に悲観的になっており、その悲観的な考えがさらに沈んだ気分を助長させるということに気づいてもらうのです。

うつ病では、人間関係の悩みが発病の誘因や持続因子になることも多いので、対人関係の問題の解決を通してうつ病の治療を図ろうとするものが「対人関係療法」です。

とくに、親や子ども、配偶者など精神的に重要な位置いる人との別れや意見の食い違い、役割の変化(卒業や転職など)に伴う人間関係の変化などに注目して、患者のスタンスを探していくことをめざします。


うつ病チェックTOPに戻る

うつ病の治療
うつ病の治り方と再発
心療内科
メンタルクリニック
メンタルケア
うつ病のカウンセリング
心理カウンセリング
うつ病の薬
医師は万能?

カテゴリ
うつ病の基本知識
うつ病の治療
うつ病と関連する疾患

うつ病チェックTOPに戻る
株式会社プラスアール
携帯アクセス解析